Happy Humming

~ ココロはずむ毎日を ~

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

自分 < ヨガ

 22, 2015 15:16
最近とてもよく頂く生徒さんからの声。

「先生のクラスに来るようになって、坐骨神経痛が良くなりました~っ!」

「足の下部へのシビれが無くなりました!」

「坐骨神経痛があって、今日はヨガをお休みしようと思ったんですけれど、
クラスに参加したら、痛みやシビレが無くなりました・・・!」

坐骨神経痛、これに悩まされている方が結構多いんですね。
上に挙げた声はほんの一部です。
この坐骨神経痛はかなり多く耳にします。

坐骨神経痛の痛みは、
腰や、足の下部、
膝や、膝下、そして足の裏などにも広い範囲にその症状は現れます。
それなので、その痛みや症状が、
坐骨神経から生じていることに気がついていらっしゃらない方も多いです。

坐骨神経痛、放っておかないでくださいね。
きちんと練習をすれば改善出来ますから。

私も以前は坐骨神経痛ありましたが、今は全くありません。
ヨガの練習をすることだけで改善しました。

坐骨神経痛の方には腰や膝が痛い方が多いのですが、
その痛みがもっと広い範囲へと広がらない内に、
そして内側の内臓にまで影響しない内に、早めの対応をしてあげてほしいと思います。


・・・、

坐骨神経痛だけではありません。
いつもお話しますが、
痛みというもの、不調というものを放っておかないでほしいなと思います。


坐骨神経痛 ⇒ 「痛い」 ⇒ 以上、終わり・・・ではなく!

坐骨神経痛 ⇒ 「痛い」 ⇒ 「しょうがない」 ⇒ 以上、終わり・・・でもなく!


しょうがないじゃな~いっ!

全然しょうがないじゃな~いっ!!!

善くなるからっ!


あきらめなくていいんです。
自分のことを。

ヨガという素晴らしい智慧がそこにあるのだから・・・!


ヨガは大きいのです。
めちゃめちゃ大きいのです。
自分よりも遥かに。

上に例を挙げた生徒さんたちは、
「なんで??」「え?どうして良くなったの?」
「あんなにずっと痛かったのに」と、不思議がります。
治って嬉しいんだけど、でも自分に起こったことがとても不思議なんですね(笑)

自分の理解している範囲を超えることが起こったら、そりゃあ不思議ですよね。
私も自分の先生のクラスを受けていてよくそういうことが起こります。
もうね、不思議だしビックリだし、ほんと口あんぐりです(⇐表現古い?笑)


自分 < ヨガ


自分というその小さな世界を大切にすることももちろん大切。
それはそれでとても大事なこと。

でも、

自分だけの小さな世界で終わりにせずに、
たまにはそういう大きさがわからないくらい大きなものに、
そのわけがわからないその世界に、
身を委ねてみたらいかがなものかしらと思うのです。

大きさがわからないくらい大きなものに身を委ねるって、
わけがわからないその世界は、
なんだかとてもコワイかもしれません。

でも、ずっとその痛いところ、快適じゃない場所にいるんだったら、
試しにそんなことをやってみるのも悪くはないと思うんですよ。



過ぎてしまいましたが、6月21日は「国際ヨガの日」となりました。
詳しくは「国際ヨガの日」で検索してください(笑)←いつも説明はググってでスミマセン

↓↓昨年の国連総会でのインド、モディ首相の演説↓↓

「ヨガは私たちの古代の伝統からのかけがえのない贈り物だ。心身の統合を具現化する。
運動というだけでなく、あなた方自身と世界、自然の調和の感覚を発見させるものだ」
~ニュース記事より抜粋~


この演説にもありますが、
ヨガは本当にかけがえのない贈り物だと思います。
そこには私たちが到底計り知ることができない程の智慧があるのだと、
ヨガを学べば学ぶほどに思い知らされます。



[Patanjali Prayer]
~Yogena citttasya padena vacam
malam sharirasya ca vaidhyakena
Yopakarottam pravaram muminam
Patanjalim pranjaliranato ashmi~

~賢人の中の賢人であるパタンジャリに手を合わせて敬礼します。
身体の疾患をアーユルヴェーダで、
会話の間違いを文法で、
そして、マインドの不純物をヨガで取り除いてくれる賢人に敬意を表します~

~Om shanti shanti shanti~









COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。