Happy Humming

~ ココロはずむ毎日を ~

Take a look at this

本とドラマの話

 24, 2017 11:48
今日多摩センタークラスでお話した本です↓



知りたかったから読みました。

「どうしてなんだろう?私なら辞めるのに」

って思う方だから、

だから知りたくて読んでみました。




どうしてこの本の話をしたかというと、

生徒さんと「満員電車のストレス」の話になり、

「精神論じゃどうにもならないって!」と、私が思いだしたのがこの本でした。

「精神論」や「正しさ」だけじゃ、どうにもならないことがあると感じることが多々あります。



「正しさ」はどの位置に立っているか、

どの方向を見ているかで変わってしまうから。

それよりも大事なことがあると思っています。





春のドラマも最終回で色々終わってしまったけれど、

私が見ていたドラマの1つが、

「あなたのことはそれほど」というドラマ。

見てました?

W不倫のドラマで、これが面白かったなー。

主人公のミツという女性が新婚なのに、

妻子ある同級生との再会を機に不倫するお話。


でね、

その中で、ミツの友人はミツを叱るんです。

不倫しているミツを。

「あんた何考えてんの⁈」って、ホントにごもっともな意見で。

私的には「かなり厳しいな、、」って思っちゃったんですけどね、、



でも、その後、その友人はミツの上司にこう打ち明けます。

「(ミツが)羨ましかった、あんなに突っ走れることが」

「気持ちが良かった、、

だって絶対正義な立場から相手にモノを言うなんて気持ちいいじゃないですか⁈」

って。

(セリフは私の記憶するものなので、大体こんな感じ)



なんかね、この友人のセリフがスゴイなーって思ったんです。

私個人としては、こういう風に正直に言えるこの友人が好きだなーって思ったし、

自分の気持ちに正直なミツも嫌いじゃないし、

登場人物のそれぞれが嫌いになれなかった。

ちょっと、、いや、かなり怖かった(笑)、ミツの夫も。

そうそう、ミツのお母さんが良かったなー、、


あ、脱線しましたが戻ります。



友人のセリフです。

これね、

ものすごく「人」ってものを鋭く突いてるセリフだなーって思ったんです。


人って、

羨ましいと攻撃したくなったり、

正義というものを利用して快感を感じたりする。



そういうのわかるなーって、、、



だからね、

「正しさ」って時には必要なんだけど、

色んなことがまぁるくなって行く為には、

それだけじゃ、どうにもならない。


どうにもならないよなーって、

それだけじゃ、大切なものが見えなくなっちゃうなーって、


そんなことを思うんです。




上に紹介した本とこのドラマに、繋がるものがあるなぁと感じます。



ーーーーーー


すっかり話を変えるけど、

朝ね、珍しくお腹壊してて、

「お腹痛い、、」

「お腹痛い、、って、学校に行きたくない子供みたいだねぇ、、」(笑)

って、うちの人に話してましたら、

夫→「行ったら治るんじゃない?オレもそういうことあるよ」

って。

「うん、そんな気がする」って言ってたら、ホントに治りました。


お腹痛かったら土曜日に楽しみにしてるコレ↓が飲めない!って思って(笑)



黒糖ミルク珈琲が飲みたくて、、

毎週来てる(笑)



あーお腹治って良かった♡









ではでは、楽しい週末を~╰(*´︶`*)╯♡





COMMENT 0

WHAT'S NEW?