Happy Humming

~ ココロはずむ毎日を ~

Take a look at this

オススメ本

 10, 2017 19:06

オススメ本です



良書です。

これは本当に良い本です。

良かったらぜひ読んでみてください。

「腰痛」じゃなくても、

体に痛みや不調があったり、

何だかよくわかんないけど人生上手く行ってないと感じていたり、

そのカラダに、

ココロに、

何かしらの不調を感じていたらぜひ読んでみて欲しい一冊です。

いや、そうじゃなくても読んでみて欲しい(笑)

物語になっているのでとても読みやすいと思いますよ。


人生を変える幸せの腰痛学校」




この本は、実は一人の生徒さんがプレゼントしてくださいました。

「先生がいつも言ってることと同じだと思ったんです」と言って。

読んでみると、

ほんと、ほんと、どれもこれも同じことを言っていて、読みながら笑ってしまうほどでした。

「笑ってしまう」というのは、

「おかしい」わけではなくて、嬉しくて笑ってしまうのです。



私が伝えようとしていることが、

生徒さんにちゃんと伝わっていたのだということを実感出来て嬉しかったのです。

大げさだけど、本当に読みながら泣いてしまいそうになるくらい。

「この本と私が言っていることが同じ」とそう気付いて貰えたことが。

もちろん、

この本に書かれている内容も思わず笑顔になってしまう内容でした。

胸が熱くも温かくもなるんです。




私はこの物語に出てくる腰痛学校の先生の言っていることがとてもよくわかるのですが、

この物語の腰痛持ちの登場人物は最初「?」ばっかりなんです。

先生が言っていることに対して疑いを持ったり、反抗心を持ったり。

あ、それはそれで当然と言えば当然なんですけどね。

その気持ちもとてもよくわかります。

ただ、私はその登場人物の心の声を読みながら、

「あ~、私もこんな風に思われてることあるんだろうな」と思いながら読んでいました(笑)

それは決して悲観的な思いではなくて、

「うんうん、そ~だよね、そう思うよね・・・」という感じで。

それはそれでとても勉強になりました。




この本をプレゼントして頂いたことを、

私は勝手に「私への応援」だと受け取りました(笑)

なんかですね、すごい励みになりました。

もちろん、いつも生徒の皆さんが話してくれることもとても励みになっています。



私が話していることが全員に伝わるわけではないし、

時にはそれに対しいやな顔をされたり、

疑われたり、

反発されたり、

そういうことは実際に今までも過去に起こったし、

これからももしかしたら起きるのかもしれないけれど、

それはこの本に出てくることと同じだし当然のこと。

私は私で勝手に落ち込むけれど(笑)




でも、

感じ方は人それぞれ自由でいいし、

何を選んでも、それも自由でいいし、

みんな自分の考えを持って生きているのだから。



決して私だけが正しいとかそんなことは本当に思ってはいないけれど、

というかどっちが正しいとかそういうことはどうでもよくて、

私は自分が信じることをこれからもやっていくしかないし、

時々迷いながら、

たくさん迷って、迷子になったり、落ち込んだり(笑)

そんなふうになりながらも、

それでもやっぱりそれをやっていくんだろうな~と思います。




迷っても、落ち込んでも、

それでも大丈夫みたいですよ。

そんな自分を応援してくれる誰かは絶対にいるみたいですから。

私が実証済みです(笑)





そうそう、この本を3週間くらいかけて少しずつ読んでいたんですけれど、

あ、たぶん一気に読もうと思えば一日で読めるような本当に読みやすい本ですが、

私は少しずつ読みたかったんです。


あ、で、ですね、

そんな風に読んでいたら、

おかしなことに、

その日読むページに書かれていることが、

「あ、これ今日クラスで話したばっかりじゃん」

って、いうことが何回も起きたんです。

本を読んで→話した、んじゃなくて、

話したら→その日読むところの内容だった。


「なんじゃこりゃ~?」


笑笑笑


って思いました。

こういうのなんて言うんだっけ?

何か言葉があったような、無かったような・・・。



思い出せないから、まあいっか(笑)。







ではでは、また~










COMMENT 0

WHAT'S NEW?