Happy Humming

~ ココロはずむ毎日を ~

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

古事記を読みたくなったのです

 11, 2016 13:18
先日「春旅」に行きまして、そのことをチラっと書きましたが(その記事は⇒コチラ)、

計画当初、予定はセブ島でした(笑)

旅行は旦那くんの家族も一緒で、今回は夫婦だけではなかったのですが、

セブ島で予定を進めてた旦那くんに、

私が国内なら沖縄(石垣&八重山諸島)もどうかしらん?などと言っていたのですが、

どう廻ったのか、結果「三重県deお伊勢参り」になりました。

なんかあまり統一感のない候補地ですよねww


どこにいっても私は楽しいからいいんですけどね~



お伊勢参りをすると決まってから、ふと疑問が沸いたんです。

以下、私の心の声です。。



「伊勢神宮か~!楽しみだな~

「・・・」

「・・・」

「あれ?」

「あれれ?」



「はて?・・・伊勢神宮とは?」


「そこにいる神様って?」

「え?天照大神(アマテラス)?」

「ふむふむ、聞いたことある・・・」

「(色々調べながら)天岩戸?スサノオ?・・・ん~全部耳にはしたことあるぞ」

「ん~でも待って、でもだから何だっけって感じで?がいっぱいだぞ・・・」

「あれ?私、日本の神様のこと何も知らないじゃん・・・!」

「え?・・・って、えーっと、こういうのって何を読めばいいんだっけ?」

「日本の神話?」



「あ!そっか、古事記 だ!」




と、やっと気づき古事記を読んでみようと思ったのですが




「う~ん、でも待って待って」

「いきなり本格的な本を読んでも絶対ワタシチンプンカンプンネ~」
(どこかの外人風)

「ダカラ、メッチャ!わかりやすい古事記オシエテホシイネ~」




と思ったわけです


で出会ったのがコチラの本↓↓



「まんが古事記」ーっ!!

いやいや、もうね、

ホントっとにこの本のお陰で、本当にザっとですが流れはわかりました!

中には沢山の神様が出てくるので名前はさっぱり覚えられませんが、

大まかな流れと主要な?神様の存在はわかりました(名前はムリ・・・まだまだ覚えられない。。)

ヨガの先生から、インド(ヒンズー)の神様の名前を聞いてこれも何人か知っているくらいだけど、

いやいや、まずは日本でしょ。

私が生まれた日本の神様知らなくてど~すんの?って自分で突っ込んでしまいました(笑)


<追記>
この本が本格的な本じゃないと言っているないわけではないです。
字ばっかりだと読めないと思ってマンガで探しました。
この本には所々に豆知識的なことが書かれていて、とても勉強になりましたよ~



この本、

絵がとっても可愛らしいっ



↑上は巻頭、目次のカラーページ。



絵が可愛いからすんなりと読めます、私的に。

神話ってね、結構残酷なところ沢山あるんですよ。

す~ぐ呪ったり復讐したりしようとするし、す~ぐ殺しちゃったりするんだから・・・!


「え?マジで?殺しちゃうの~っ??」

「え?なにその飛び散った血から神様が生まれる??ってどないやねん!」
(突っ込みだから関西弁・・・)


と、本当に突っ込みどころ満載の古事記ですが、面白いです。

とっても面白い!

読めば読むほど面白いのかも、と今はそう思っています。




上に載せましたカラーページの写真ですが、

「国譲り」というお話なんですが、

ここ、私がなんか何とも言えない感情になったシーンです。

何とも言えないんですよ。

涙を目にいっぱい浮かべて天(アマテラス)を見上げる大国主命(オオクニヌシ)。

このシーン、私的にヤバいんです。

なんか、泣きそうになるぅぅぅっ!

他にもこの大国主命(オオクニヌシ)とスサノオのシーンもいいの(笑)

グッときちゃう。

良かったら読んでみて下さい(笑)



私たぶん、この大国主命(オオクニヌシ)という神様がとても好きみたいです。

ってことでこの神様が祀られている出雲大社にぜひ行きたい!と思っています。

いつ行けるかな~



そして、この本のあとがきに著者のふわこういちろうさんも書かれていますが、

こういったことを知ることで、

この日本という国の素晴らしさがもっともっと実感出来ました。

この日本を選んで生まれてきた私ってば本当に素晴らしい!とさえ思ってしまいました(笑)





「答え(必要なもの)は全て内にある」

ヨガと通ずるものがここにもまた一つ。



自分の内側を観ること。

自分のいる場所を知ること。



なんで?って、

それを知って何になるの?と思うかもしれないけれど、



それを本当に知ること、

言葉に出来なくても感じることで、

私達は勝手に幸せになっちゃうからです。

私はこの本を読んでそう感じましたから。

別にヨガじゃなくても、

古事記じゃなくても、

この本じゃなくても、

自分にとってのそういったものがあればそれでいいんですよね







ではでは、また~














COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。