私たちがヨガをするのは、

他の誰かより足が上がったり、

他の誰よりも深く後屈が出来るようになったり、

そういったことの為にヨガをするのではない。



よく言われることだと思いますし、

ヨガのクラスに行けば、一度はそんな話を聞いたことがあることだと思います。



私たちがヨガに限らず、

色んなことを学ぶのは、

哲学にしろ、

○○理論にしろ、

何にしろ、



何かや誰かを批判したり、

何かや誰かの上に立つために学んでいるのではないということ。



ただ、

わざとその批判が起こっている、

必要で起こっていることもたくさんあるとは思います。



でも、

自分の学んでいるものや、

自分が大切にしているその哲学で、

何かや誰かを否定したりジャッジしたり、

そんなことが起きた時は、

それが起きたことに気が付けますように。



そんなことが起こりやすいのは、

私たちは、

優越感というものにつかまりやすいから。



誰かより勝った気になって優越感を得、

誰かより知っている気になって批判して優越感を得る。

そこにとどまっていたいと思う。



それが悪いとか良いとかそんな話をしたいわけではなくて。

ただ、そういう状態になるという話。




私を含め、

誰でもそういう状態になることはあり、

だからこそ、そうなったときは、

そのことに気づき、

そしてそのことに疑問を持ち、

そしてまた歩いていくことが大切だと思います。





どんなに難しいアサナが出来るようになることよりも、

どんなに難しい哲学やその言葉たちを覚えることよりも、

大切なことは、

私たちが心から笑うこと。

笑うということは、いつも顔をニコニコしろということではなく、

心が笑っている。

自然体でいられるということ。

それ以上のものは、きっとないんだと私は思っています。




53ecbddea297a3a7224b7800f26284b5_s.jpg




ではでは、また 





WHAT'S NEW?