先日、

↓↓ボディワークを生業とする友人と話していた会話の一部↓↓



「だからさ~、ホントに内面なんだよねぇ・・・」


身体に痛みがある、

不調がある、

身体だけではなく、

例えば人間関係などの不調も・・・。



その根本の原因は、

「内面的なもの」で、


原因は

「内側にある」


ということをつくづく感じるという話をその友人としていました。



痛みが長引いたり、

様々な不調が改善しない理由は本当にそこが大きいのです。


内面に原因があるっていうことを、

内側に原因があるっていうことを、

自分が批判されているように取らないで欲しいなぁとも思います。

そして、

それを言われて批判されているように感じてしまう人は、

「自分で自分を批判している、認められない人」です。

でも、

本当は批判なんかしたくないし、本当は認めたい人です。

でも、

何かに反応してしまって、それが自然に出来なくなっているだけなんです。



幸せな人、というのは、

これが自然に出来てしまう人とも言えると思います。

幸せな人は、

自分で自分を認められている。

受け入れられている。

完ぺきだから認められるわけではなくて、

「不完全な自分自身=完全な自分」を愛せている人です。






誰でも一緒です。

人は誰でも間違えるし、未熟な部分があるんです。

私もそうです。

起きている事、悩みや問題は違えど、本質は一緒なんです。



私や上の友達にしても、

ヨガやセラピストなどの身体や心に携わる人達は、

何か不調がある時、

立ち止まって、自分自身の内側を振り返ることが多いです。

ただ、あるがままの状況を見るだけなのです。

それを見たときは、

「きゃー!私ってばこんなことを考えてたのかぁっ・・・!」

と驚いたり、愕然としたり、

落ち込むこともあれば、それを知って笑えてくることもあり、

一瞬そんなことが起こりますが、そんなの一瞬です。

その後、ちゃんと腑に落ちます。

「ああ、だからこうなってたのか・・・」と。



そして、理解してしまえば、

同じところで反応を起こし、

そこから生じていた痛みは、もう起こらなくなっていくのです。

理解が深まれば深まるほど、

同じ間違いはすることはなく、同じ不調は起こらなくなっていくのです。




だから、怖がらないで見れるといいと思います。

内面を軽視しないでほしいし、

本当に注意深く観ることが大切だと思います。



私はよく内面にフォーカスした話をしますけどね・・・、


「だから、ホントに大事なんだよ~っ!」

と、同じことをただただずーっと伝え続けています。



そこを見ないと・・・。



本当の健康がやってくるように。

心の底から笑うことが出来るように。




身体を動かすことだけがヨガではないです。

それが悪いとは言わないけれど、ただもったいない。

1人でも多くの人に、ヨガが伝えられたらいいな~と思います。

体操ではない「ヨガ」をいうものを知ってもらえるように、

これからも私は自分が出来ること、心からやりたいことをしようと思います。






ではでは、また





WHAT'S NEW?