ヨガを始めると、

ヨガのポーズが出来るようになりたい

そんな風に誰しもが思うことだと思います。

隣の人と比べてみたり、自分が出来ているのか出来ていないのかを気にしてみたり。


これは誰でも経験することだと思います。

私もそうだし(笑)

「いえ、私は比べたりしたことありません」なんていう人がいたら、

「嘘だ~っ!www」

と言ってしまいそうです、私。。



私の先生は、

「アサナは追いかければ追いかけるほど逃げていく」

「アサナは自然にやってくるもの」

と、そう言います。


実際に、本当にそのとおりです!


私もそれをクラスでお伝えしていますが、

それでも、やっぱり「アサナが出来ないとイヤ!」と、

そんな風にこだわってしまうのであれば、

こだわり方を変えてみて下さい



こだわるのであれば、是非!下記にこだわってください!


1、なぜ出来ないのかを徹底的に考えること

2、自分の練習が正しい練習なのかどうかを考えること

3、その上で、自分に必要な練習をすること

4、得意なことばかり練習せず、自分の苦手なこと、苦手な練習に目を向けること

5、セルフプラクティスを実行すること


アサナが出来るようにならなきゃイヤだ!と思うのであれば、
以上のことに目を向けてみてください。

これをせずに出来るようにはなりません。

やみくもにアサナだけを練習しても絶対に出来ません。


ついこの間、ある生徒さんに、

「これ(ある股関節の練習を指して)、
最初は全然お尻が床に着かなかったんだけど、
練習していたら今は出来るようになりました!」

そんな風に言われました。

クラスをやっていると、いつの間にか皆さん出来るようになっていることがあって、
それに気がついた時は「あれ?変わってきた!」と、
そんな瞬間は私も皆さんをみて「ハッ」とするんですよ。
そして、「本当にスゴイなヨガは・・・」と思います。

アサナもそんな風に、
「あれ・・・?なんか自然に出来たっ・・・!」
「(気がついたら)出来るようになってた・・・!」
っていう感じにやってくるものなんです。

目の前にある課題をただただやっていくと気がついたら・・・。


どんなに「アサナにこだわらないこと」と言っても、こだわってしまう人もいると思います。
だったら「こだわり方」を変えればいいんだと思います。
それを変えられずにアサナにこだわり続けるのは危険なことだと私は思います。


上のことを始めると、
アサナだけではない「ヨガ」というものが少しずつ見えてくるはずです。
アサナへのこだわりというものが自然に変化していくと思います。
アサナにこだわってしまう人は、
元々のアサナへの取り組み方が違うのではないかなと思います。



ってことで、アサナをしよーっていうか、、

ヨガをしましょ~

1.jpg


んねっ




-------------------


またまた、お土産を頂きましたっ



ここにUP出来ないこともありますが、いつも有難く頂いております

皆様、本当にいつもありがとうございます


ではでは、また~




WHAT'S NEW?