ヨガセラピークラスは、痛みや不調にアプローチしていくクラスです。

例えば、腰が痛いから皆んなと同じ様に出来ない、

膝が悪いから、肩が痛いから、運動は苦手だからヨガは無理、、

という方でも無理なく受けて頂けるクラスです。

20代からシニア世代の方まで無理なくご参加頂けます。

症状に不安がある方もご相談下さい。



上の写真は、イスを使った練習です。



クラスに来る前は腰が痛かったけど、ヨガをしたら痛く無くなった!

ということは私のクラスでは本当によくあることです。

もちろん100%ではありません。

ただよくあるのです、本当に。


私がヨガってスゴ~、、って思うくらいなんですよ(笑)

こうやってヨガってスゴ~みたいに書くと何も考えずにやっているみたいですが(汗)、

何も考えずにやっているわけではありません、念の為。。。



でも「ビフォーアフターが違いすぎる!」というのは、よく頂く感想の一つです。

是非是非、ヨガの効能を体験しにきて下さい!



ヨガセラピーのクラスは、

多摩センタークラス、
三鷹クラス、
武蔵境クラス、

以上の場所で受けられます。



お問合せ→cshanti_7@yahoo.co.jp



ーーーーーーーー

身体の不調も心の不調も、自分の内側からのサインであるんだと思います。

身体が「本当はこうして欲しいの!」と言っていたり、

心が「本当はこうしたいの!」と言っていることが、

目の前の問題として現れてくるんだと思います。



症状に目を向けることも大切ですが、

実はその内側からのサインに気付くこともとても大切だと思います。

そう考えた時、

そのサインである不調は決してネガティヴだけには考えられないと私は思うのです。

そのサインは、自分自身を落ち込ませるものだけと捉えるのではなく、

むしろ自分への応援かもしれないと、、、




私も以前は腰が痛い、胃が痛い、頭痛がする、ココが痛い、コッチが痛いと、

身体だけではなく心も含め沢山の不調がありました。

だから、もちろん痛いもあるし、ツライもあるし、それは解っているつもりですが、



でも、



ある時こう思ったんです。

あれは応援だったんだと、

私をやっつけようとして色んな不調が起きたわけではないんだと、





むしろその逆っ!!!


逆だったんだーっ!!!



って(笑)





そして今もそう思っています。



なぜなら、それがあって今の私があるから。

もう腰痛くないし、頭痛もしない、胃痛もない、アッチもコッチも痛くない。

悲しかったり、ムカついたり、

そんな事が起こっても、私の毎日は今とても楽しいと感じています。

あの不調がなければ、気づけなかったことが沢山ある。

あの時不調が起こってなければ、

運気の不調も含めてね(笑)、

今の私はないと思っています。



今現在、不調の真っ只中にいる場合はそんな風に思えないかもしれない。

でも、もし応援だとしたら、

もし、サインだとしたら、

もし、本当の声が聞こえていないんだとしたら、

目を向ける場所が少しは変わりませんか?



ヨガの練習は普段意識を向けないところを意識する練習です。

その練習をする事で快適になるのです。

普段は意識を向けない=視点を変えることでもあります。

身体の快適も心の快適も、同じ場所ばかりみていてはやってこないのだと思います。





もちろん私の思っていることが絶対に正しいとは思っていません。

ここに書いていることは、私が経験し体験したことから見えたこと。

私の視点からお話しているだけのことです。

だから、私の考え方が違うと思う人はそれはそれ。

しかも、ここに書いていることも極一部。

もっと違う表現もあるだろうし、

違う見方も出来る。

でも何でもかんでも書いたら読んでる人が混乱します。



だからただ私のそれ(視点が)が誰かの心に届いたら嬉しいです。

そう思っていつもブログに書いたりクラスでお話しています。

これからもです。





ではでは、また~╰(*´︶`*)╯♡






暑い日が続いてますね。



さっき外に出たらセミが鳴いてました。




週末はクラスをお休みにさせて頂き、

3日間、自分の研修に行ってきました。

来月と再来月と3ヶ月続く研修なので、まだ始まったばかりですが。

暑さもあり、尋常じゃない汗を毎日かいておりました(笑)

ホットヨガじゃないのに、ホットヨガ並みの大汗です。

汗が目に入って痛いし、

練習中は「もう無理だーっ」と思うくらいしんどいのに、

次の日は身体が軽い。

あ、筋肉痛の日もありましたが、

今日は身体が軽く筋肉痛もなくなりました。



やっている時は「キツイーっ!」って思う。

でも後にやってくる心身の快適さ。

ヨガの不思議であり、

ヨガの効能です。



というわけで、暑さにもやられず、私はすこぶる元気です。

天候なども含め、周りの環境などに左右されにくい身体づくりはヨガで出来ます。



今週は全クラスお休みありません。

ヨガクラスでお待ちしておりま~す╰(*´︶`*)╯♡










ちょうどネガティブについて、記事を書きたいな~って思っていたら、

そんなことについて、つい最近、生徒さんとお喋りしたんですよ。

面白いですよね~、このタイミング。





よくネガティブなことを言うとネガティブなことを引き寄せるから、

ネガティブなことは言わないっていうことあるでしょ?

まあ、きっとそんなこともあるんだとは思うんですけどね、私も。


で、全否定したいとかってわけでは全くないんですよ。



ただ私が思うのは、





ネガティブは言う、言わない、聞く、聞かないが重要なんじゃなくて、

結局は、その、

ネガティブとの向き合い方、付き合い方が大切

なんじゃないかな~と思うんです。



言う、言わない、でもいいんです。

でもね、それに捕らわれすぎると、

「ネガティブなことを言っちゃいけない」

「ネガティブなことを思っちゃいけない」

って、自分のココロがちゃんと見えなくなっちうこともあるかな~と。




でね、

ネガティブってどこからがネガティブで、

どこからがポジティブなのかって、

そんなのくっきりハッキリ解らないことのほうが多いと思うんですよ。

白黒ハッキリつけられないことのほうが多いと思うんです。



これは最近の記事でもよく書いている「正しさ」と一緒で、

見ている位置や、

見ている方向などで、変わってくるから。



こういう記事を私が書けるのは、

実は「(よく言う一般的な?)ネガティブ」

を感じているからだとも言えます。

で、これを私は全くネガティブだけとも思わないので、もうワケワカメですね(笑)



でね、「(よく言う一般的な?)ネガティブ」(しつこい?)がある時、

私なんかは、「ははあ~ん、来たか。。。」って思うこともあります。

だって、それは何かが変化する予兆だったりするからwww

変化が良いとか悪いとか、

良い方にいくとか悪い方にいくとかは、また別の話ですよ。



以前にね、悔しくって、悲しくって、(悔しくったって~♪wwwこの歌知ってる?)

人前でも涙が出るくらいの思いをした時に、

泣きながら、

「あ、これはなんか変わるんだわ・・・」って思ったことがあって、

泣いてるのにどこかに冷静に観察する自分がいたことありましたwww

で、その後、本当に色々なことが変わりました。



今という位置からみれば、アレがあって、

「あ~良かった!」

「マジあれに感謝っス!」(若者風)

って感じです。



で、さっき↓こんなことを書いたでしょ?

こういう記事を私が書けるのは、

実は「(よく言う一般的な?)ネガティブ」

を感じているからだとも言えます。



私がもしもポジティブだけしか感じない人だったら(そんな人はいませんが)、

この記事は書けないんです。

そんで、

この記事を読んで良かった!と思ってくれる人もいるわけです。

私のダメダメな話を聞いて、「アレに励まされました!」っていう人もいるわけです。

でも、逆に「何言っちゃってんの?は?」っていう人もいるわけです。




ほら、だんだんネガティブなんだかポジティブなんだか、

何が何だかわかんなくなってきたでしょう?(笑)





突然ですが、コレ↓



今日は頑張って、作り置きおかずを何品か作るぞ!と決めたのに、

「2品で嫌になりました」という題名の写真です。。



友達とラインしていて、そっちの話もすごい気になり、

ラインして、料理してたら、2品で嫌になりましたww




ああ、3時間で十数品作るスーパー家政婦さん来てくれないかな~

知ってます?

なんかのテレビでやってたんですよ。

依頼のあったお家にある食材で、パパパッと何品も作るスーパー家政婦!!



ああ、今すぐ家にきてください。。








「NO!」

というのが、もしネガティブに区分されるのであれば、


「やりたくない!」

というのが、もしネガティブに区分されるのであれば、



ネガティブからスーパー家政婦が生まれましたことになります。

スーパー家政婦だけではないですよね。

世の中のお仕事って、そんなところから生まれますよね。




「料理したくな~い!」

「そんな時間な~い!」

そんな時にお助けスーパー家政婦です。



スーパー家政婦はポジティブですか?ネガティブですか?




はい、わかりません。





ただ、

めちゃくちゃ有難い存在なのですっ!








この文章どう閉めて良いのかわかりませんので、この辺で。。。






ではでは、また~








どっちに行こうか、

この先どうしようか、

自分が本当はどうしたいのか、



そういったことが見えてくる為のヒントは、そこら中にある。

自分の本当の声が聞こえるタイミングも、たくさんある。




それは、

たまたま手にした本にあるかもしれないし、

ずっと気になっていた映画にあるかもしれない。


本の中にあるというよりは、

映画の中にあるというよりは、

どうしてその本がきになったのか?ということだったり、

その映画のどこで心が動いたのかということだったり、

自分のココロが反応した場所にヒントはある。



本じゃなくても、

映画じゃなくても、

誰かの言葉に感動したり、

誰かの言葉に傷ついたり、

誰かの言葉に憤ったり、

そんなことの瞬間瞬間にヒントはある。



あとで思い返してみると、

ああ、あのタイミングであれが起こったのはコッチに来るためだったのか~と、

そんな風に思うことが私にもあります。



今、私は似たような言葉や話が自分の中に入ってきています。

というよりも、それに反応する自分がいます。

これは私が聞きたいから入ってきていると思うし、

反応したくて反応しているんだと思います。




例えば昨日のUPした記事のように、

本とドラマの中に繋がりを見たのは、

私が今そこにとても注目しているからそう思えただけで、

私が見たかったもの。



自分が嫌だな~と思うことがあるのも、

そこで私が見たいものがあるから起こっているらしいのです。

らしい、というのは、今そう感じているからです。



だから、なんか、ああ、こっちに行った方がいいのかも、、、

っていう漠然としたものを感じています。



そのコッチの方かも、っていうことは、

きっと今までだったら選ばない方で、

今までだったらAを選ぶけど、

なんかここはBっぽいって感じなのです。

今までと違うことを選ぶということは、

それは色んな意味でとてもコワイのだけれど、、、

でも、同じようにAを選び続けるということは、同じことにこだわっているからっぽいのです。

(あ、これ私の話ですからね)

今までと同じAを選ぶことは、なんか無難な感じで安心感はあるけれど、

むしろAのままで良いならなんかそっちの方が良いような気もするけれど、

でも、

それだと、なんだかとてもモヤモヤするのです。。

だから、きっと今までと違うBを選ぶような気がしています。




ん、、まだわからないけれど(笑)



でも、そんな感じで選んで行動すると、

怖くても自分の本当に気持ちを大切に選んで行動すると、

同じようなところで同じような反応は無くなっていくんだと思います。



そして、また時期がくると、

新たなことに反応したり、また次のヒントがやってくる・・・みたいな。。




私はいつもこんな感じです。

こんな感じでヒントを貰っています。

というか勝手に入ってくる気もしています。

必要な時に必要なヒントはそこら中にあって、

気が付くか気が付かないかは自分次第なのだと。




あ、気が付かなかったら気が付かなかったで(笑)

それで全然大丈夫だと思ってます。

そしたら、また何かのタイミングで入ってくるはずだから。




自分に起きている出来事や、

自分が反応している出来事を、

それを信じてみる・・・みたいな感じかな。。








ではでは、また~










今日多摩センタークラスでお話した本です↓



知りたかったから読みました。

「どうしてなんだろう?私なら辞めるのに」

って思う方だから、

だから知りたくて読んでみました。




どうしてこの本の話をしたかというと、

生徒さんと「満員電車のストレス」の話になり、

「精神論じゃどうにもならないって!」と、私が思いだしたのがこの本でした。

「精神論」や「正しさ」だけじゃ、どうにもならないことがあると感じることが多々あります。



「正しさ」はどの位置に立っているか、

どの方向を見ているかで変わってしまうから。

それよりも大事なことがあると思っています。





春のドラマも最終回で色々終わってしまったけれど、

私が見ていたドラマの1つが、

「あなたのことはそれほど」というドラマ。

見てました?

W不倫のドラマで、これが面白かったなー。

主人公のミツという女性が新婚なのに、

妻子ある同級生との再会を機に不倫するお話。


でね、

その中で、ミツの友人はミツを叱るんです。

不倫しているミツを。

「あんた何考えてんの⁈」って、ホントにごもっともな意見で。

私的には「かなり厳しいな、、」って思っちゃったんですけどね、、



でも、その後、その友人はミツの上司にこう打ち明けます。

「(ミツが)羨ましかった、あんなに突っ走れることが」

「気持ちが良かった、、

だって絶対正義な立場から相手にモノを言うなんて気持ちいいじゃないですか⁈」

って。

(セリフは私の記憶するものなので、大体こんな感じ)



なんかね、この友人のセリフがスゴイなーって思ったんです。

私個人としては、こういう風に正直に言えるこの友人が好きだなーって思ったし、

自分の気持ちに正直なミツも嫌いじゃないし、

登場人物のそれぞれが嫌いになれなかった。

ちょっと、、いや、かなり怖かった(笑)、ミツの夫も。

そうそう、ミツのお母さんが良かったなー、、


あ、脱線しましたが戻ります。



友人のセリフです。

これね、

ものすごく「人」ってものを鋭く突いてるセリフだなーって思ったんです。


人って、

羨ましいと攻撃したくなったり、

正義というものを利用して快感を感じたりする。



そういうのわかるなーって、、、



だからね、

「正しさ」って時には必要なんだけど、

色んなことがまぁるくなって行く為には、

それだけじゃ、どうにもならない。


どうにもならないよなーって、

それだけじゃ、大切なものが見えなくなっちゃうなーって、


そんなことを思うんです。




上に紹介した本とこのドラマに、繋がるものがあるなぁと感じます。



ーーーーーー


すっかり話を変えるけど、

朝ね、珍しくお腹壊してて、

「お腹痛い、、」

「お腹痛い、、って、学校に行きたくない子供みたいだねぇ、、」(笑)

って、うちの人に話してましたら、

夫→「行ったら治るんじゃない?オレもそういうことあるよ」

って。

「うん、そんな気がする」って言ってたら、ホントに治りました。


お腹痛かったら土曜日に楽しみにしてるコレ↓が飲めない!って思って(笑)



黒糖ミルク珈琲が飲みたくて、、

毎週来てる(笑)



あーお腹治って良かった♡









ではでは、楽しい週末を~╰(*´︶`*)╯♡





WHAT'S NEW?